AGAはバカにされやすい

AGA(男性型脱毛症)は、頭頂部や前頭部、額の生え際、といった目立つ部分から脱毛してくるので、バカにされやすいです。
しかし、AGAは決して他人事として笑えるようなことではありません。
最近では女性版のFAGA(女性男性型脱毛症)というのも増えています。
つまり、男性でも女性でも、いつ誰がなってもおかしくないということです。
AGAは隔世遺伝によって起こりやすく、母方の祖父が薄毛だと、孫も薄毛になりやすくなります。
しかし、これだけが原因で薄毛になるかどうかが決まってしまうわけではありません。
後天的な食習慣、運動習慣も大いに関係してきますし、頭皮環境を清潔にしていないことで、毛穴がふさがって髪が生えにくくなることもあります。
AGAの一番の原因と言われているのは、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な作用を持つ男性ホルモンです。
男性ホルモンは男性らしさ、つまり筋肉質や低く太い声、濃い体毛、性欲、などをあらわすために必要なものです。
男性ホルモンの一種であるテストステロンは、こうした男性ならではの変化や成長に関係しています。
テストステロンのままであれば脱毛が起こることはありませんが、テストステロンがII型5α-リダクターゼという酵素の作用を受けて還元されてDHTに変化すると、脱毛が起こります。
AGAでてっぺんハゲなどが起こりやすいのは、この部位にDHTのレセプター(受容体)が存在しているからです。
逆に、後頭部や側頭部はDHTのレセプターがないので、AGAの人でも最後まで毛が残りやすいです。
悩みを抱えている人は、専門のクリニックもあるので受診してみると良いでしょう。
DHTが増えないようにする内服薬による治療も受けられます。

AGAにならないための対策

AGA(男性型脱毛症)は、早い人では10代から発症する可能性があります。
そして、30代前後になると多くの人が実感します。
加齢と伴に男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が多くなり、それが脱毛を引き起こすのが原因です。
逆に考えれば、DHTの量が増えないようにすれば予防は可能ということです。
AGAは早期発見、早期治療が有効なので、気づいたらすぐにAGA治療院で相談することが大切です。
病院では、男性ホルモンテストステロンをDHTに還元してしまうII型5α-リダクターゼという酵素の働きを抑える治療薬を処方してもらえます。
それ以外に自分でできる予防としては、日々の生活に気をつけることです。
ストレス、喫煙、偏った食事、過度な飲酒はDHTを増やす原因になります。
なかでも対策の効果を出しやすいのは、食事です。食事が直接AGAを発症させる原因になるという説はありませんが、届くべき栄養が行かなければ、薄毛になる可能性は高まります。
抜け毛の対策になる栄養素の摂り方は、たんぱく質、ミネラル(亜鉛)、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群を適切に摂取することです。
たんぱく質は髪の毛を構成する栄養素です。
豆腐、納豆、卵、サバ、鮭、などに含まれています。
亜鉛は、たんぱく質を合成して髪の毛にします。
たんぱく質だけ入ってきても、亜鉛が不足していると髪は作られません。
牡蠣、いわし、昆布、わかめ、ひじき、ゴマ、などに多く含まれています。
ビタミンCはストレス対策になります。
ビタミンAは血行を良くして、髪に栄養が届くようにします。
ビタミンCとAは緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンB群は体の新陳代謝を正常に保つ役割があります。
レバー、チーズ、わかめ、牛乳、などに豊富な栄養素です。

AGA改善のクスリの種類

AGAの改善に有効なクスリは飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬に分類することができ、そしてそれぞれで効果が違っていたり種類があります。
内服薬の効果はAGAを引き起こす特定の物質を抑制するといったものであり、その作用によって脱毛を予防することができます。
AGAによる脱毛症は脱毛作用があるDHTという成分の働きで発症するのですが、内服薬にはDHTの増加を抑制する働きがある為、服用をすることで抜け毛を予防することができるのです。
そして内服薬にはジェネリック品がありますが、これは先発で開発されたクスリの模倣品のような存在です。
メインの成分は先発の医薬品と同じですが、先発品と違って莫大な研究開発費を掛けずに作られていますので、価格が安いという特徴があります。
ですから手が届き易いクスリであり、ジェネリック品が選ばれることも少なくありません。
続いて外用薬の作用についてですが、こちらは発毛を促進する為の役割があるクスリです。
内服薬は脱毛を予防する作用しかなく、発毛を促進することはできませんので、外用薬も用いて発毛を目指すことになります。
AGAの為に利用する外用薬は一般の発毛剤と違って血管を拡張するという作用があるのですが、強い作用がある為、強力に発毛の促進ができるとされているのです。
外用薬にもジェネリック品がありますので安価に利用することもできます。
また、種類も豊富であり、それぞれによって有効成分の濃度が違っていたりします。
こうしたクスリを利用してAGA対策を行うのが一般的ですが、両方のクスリを併用しないと効き目が弱くなることがあります。
ですからどちらか一方に頼るよりも、できれば一緒に活用した方が良いでしょう。

ページトップへ