AGA治療、血圧降下剤と言う顔を持つミノキシジル

AGAは男性型脱毛症のことを意味する言葉ですが、薄毛症状の原因となる代表的な症状として広く知られるようになってきました。遺伝的要因によって受け継がれる性質の一つであり、ある種の男性ホルモンの働きによって抜け毛が促進されると言うのがAGA、いわゆる男性型脱毛症であると言えるのです。そんな抜け毛の症状に伴う薄毛の状態を改善しようと言うのがAGA治療であると言えます。
AGA治療では飲み薬による治療が行われていますが、一般的に用いられる薬にはプロペシアとミノキシジルの2種類が存在しています。プロペシアは薄毛の原因となる激しい抜け毛の症状を抑制する機能を持っているのですが、ミノキシジルの方は毛の発育を促進する機能があると考えられています。このミノキシジルは元々毛の発育を促進するためと言う目的で誕生した薬ではなく、血圧の降下剤として利用されてきた薬でした。高血圧治療の選択肢の一つとして利用されてきたのですが、血圧降下剤としての機能とは別に、体毛を濃くする影響が存在していたためにAGA治療薬としての側面が評価されることになりました。
しかしながら現在ではこのミノキシジルは飲み薬としての利用よりも塗り薬としての利用が促進されてきていると言えます。血圧降下剤としての機能があるために利用が難しく、副作用として血圧が下がり過ぎてしまう可能性があるために近年ではAGA治療薬と言えばプロペシアなどの抜け毛予防が主なものとして扱われるようになってきています。飲み薬としての利用の場合には全身の体毛が濃くなる多毛症と呼ばれる副作用も報告されてきましたが、塗り薬となることでその様な副作用の発生もコントロールが可能になりました。

ページトップへ