AGA治療における薬の飲み方と量について

近年話題になることの増えてきたAGA治療は、男性型脱毛症に悩んでいる多くの男性の助けとなる治療として広く知られるようになってきました。従来の薄毛治療が一般的に対症療法であったのに対し、AGA治療と呼ばれる治療においては服薬による原因への働きかけが行えるということが大きな特徴であるとされています。
AGA治療し使用される薬としてはプロペシアと呼ばれる薬が有名な存在となっています。この飲み薬を使用することによって男性型脱毛症の主症状でもある抜け毛を抑制することが可能になります。抜け毛が減ることによって相対的に発毛量が増え、その結果として薄毛の問題が解消して行くというのがAGA治療の中身になっています。
そのためこの治療が有効であるかどうかは、治療を希望している人が男性型脱毛症であるかどうかということがまず大切になってきます。また発毛が自然に増えて行くだけの生命力が髪に残っているかどうかも重要であると言われています。若くて少しでも早い段階での服薬開始が有効であるとされている背景にはこの様な問題があり、いくら抜け毛を抑制しても髪の毛が生えて育つ力を持っていなければ効果が得られないのです。
この様なポイントは医師の診察時に確認されます。AGA治療で使用されるプロペシアは処方薬であり市販品としてドラッグストアでの購入は出来ません。飲み方にも注意が必要であり、使用量にも注意して取り扱わなければならない薬であるため医師の判断が必要なのです。飲み方としては少なくとも3カ月以上の継続が望ましく、服薬を中断すると再び抜け毛の量が増えるとされています。そのため効果を持続させるためには継続的に続けるという飲み方が要求されるのです。そのメリットとデメリットについては医師との相談が重要になってきます。

ページトップへ